読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

コンビニ楽しいって話

ども、古歌っす。いやぁ、台風マジで怖い。
つか、台風来るとテンション上がるのは最早小学生と大差ないな。むしろ、台風の中に突っ込んでいくのが快感なんだよ。
ライブで自らモッシュに特攻かますのと同じだよ、と言ったら、ライブ仲間は皆そろってナニコイツって冷たい視線をくれました。そんな古歌さんです。


さて、コンビニの話ですけど。(ナニ急に。)いや、最近コンビニ全然行ってなかったんだよね、古歌さんともあろうものが。(いや、お前なに?)
コンビニ、それは夢の空間。どれだけ店員の邪魔になろうとも、あの空間を全力で楽しむのが古歌さん。(取り合えず土下座しとけ。)一人関東土下座組合ですか?ジャンピング土下座ですか?土下座でヘッドバンキングですか?!(もう嫌だこの子。)
とにかくだ、古歌さんはコンビニを全力で愛してます。(コンビニ逃げて超逃げて)

いや、好きなんだよね。
夜中とかさ、昔眠れなくて家を抜け出して用もないのにコンビニ行って。もちろん夜中だから暗いわけじゃん?真っ暗だよ、田舎なんて。スーパーもパチンコも駅も真っ暗なんだけど、ファミレスすら真っ暗だけど。でも、コンビニは明るいんだよね。
あの明るさに、マジで救われたとか言ってみる。(嘘吐かない。)まぁ、嘘だけど。でも安心するのは本音かな?ほっとするんだよね、当たり前だけど起きてるのは自分だけじゃないって思えて。(どーした?珍しくセンチメンタル気取って)いや、イメチェンでもしようかと思って。たまには女の子らしく可愛いことでも書こうかと・・・言ったら台無しじゃんね?(その通り。所詮アンタに可愛いは無理)

夜中のコンビニは時間が停滞してるみたいで好きっす。
で、買うものないけどグルグル店の中巡回してから雑誌立ち読みして、煙草とデザート買って帰るだけ。
店員さんとも顔なじみになったしね。
ちなみに、コンビニでバイトしてた時、女の子は深夜入れませんでした。シフト組むときに深夜のが時給いいから深夜にしてちょ。って言ったら、オーナーに女の子は十時過ぎたら駄目だと言われました。
でも、そのコンビニに夜中に出かけてました。本末転倒。



コンビニ袋ぶら下げたまま海まで行って、真っ暗で何も見えないけど砂浜で山とか城とか作って遊んだりもしてたけどね。もちろん一人で。一人楽しすぎるぜーっ!!



つか、どーして一人で行くと友達いない。みたいに言われるのか不明。
仕事場で一人で映画行ったりカラオケ行ったりご飯食べに行くって話してたら、仕事が出来ないクソババに、友達いない寂しい子とか言われた。
マジで解せない。



んー・・・あれだ、ネタは特にないけど何か書きたくて思いつくまま。
そしたら結構じゃなくクダラナイ内容に絶望する。