読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

ちょっと待ってよ!!って話

どもども、古歌です。


今日はお仕事暇なので、職場で七夕飾りを作ってみました。便利だよね、百円均一。凄く便利だよね。
でも、結局笹が見つからなくて、職場のかがり火に短冊をぶら下げると言うなんとも手前味噌な七夕飾りになりました。でも、気持ちが大事と自分にいい訳。

ちなみに、古歌さん七夕そのものの風習は好きですけど、あの恋人たちの夜的な空気は嫌いです。ふん、どうせ独りものだもんねーだ。


最近、ライブドアの独女通信に嵌ってしまいました。
多分、古歌は一生結婚しないと思います。つか、結婚願望まるでないし、結婚に夢も希望も見出せないタイプです。
時々、独りでいることに無性に不安を覚える時はありますけどね。でも、今の古歌の現状を考えたら、誰かに寄りかかったり誰かと生活を共に出来るような精神状態でもないんだろうなーって。何で貴方は全てが他人事なのって毎回突っ込まれてますけど、まぁ客観性に優れているんだといい訳してます。
つか、自分こそがどうでもいいって古歌の昔からのスタンスなもんで。
でー、お独り様ライフって最近随分脚光を浴びてるみたいですね。本屋でもその手の本を思わず手にとって立ち読みしちゃいます。
独りで行動するのが全然平気なタイプなので、逆に何でそこまで不安なのかイマイチ理解できないけどね。
独りでラーメンとか、映画とか、カラオケとか、ゲーセンとか、平気だし。吉野家もスキヤも平気で入れます。つか、あの手の店はそもそも独りで入るように設計されてるじゃないか。
知らない店でも気になったら突撃します。
以前、職場近くの鰻屋さんに独りで鰻食べに行きましたけどね。
だって、毎回必ず前を通るから。あの匂いに魅かれました。
独りで飲みに行くし、独りで回転寿司も行きます。
一度やってみたいのは、独りで焼肉ですけどね。地元には家族で行ってる焼肉店しかないので、どうも独りでは行きづらいのです。


独りで行く店って、自分のお気に入りとか秘密の場所だから、あまり人に教えたくないし。
古歌さん、お気に入りは隠すタイプですので。
独りでフラッと出掛けるのは楽しいじゃないか。好きに行動できるし、誰かに合わせる必要ないし。
ちなみに、京都日帰り旅行した時は楽しかった。行きは鈍行で京都まで行きましたからね。思った以上に早く付いて逆にビックリした覚えがあります。
知らない土地の電車に乗るの、大好きです。
独りでぼーっとしながら見たことない景色を眺めて、地元の人の会話に耳を済ませて、田舎のローカル線とか楽しいけどね。
何より、電車移動は楽だもん。
車の免許は持ってるけど、車を欲しいと思ったことがありません。
ちなみに、今欲しいのは自転車です。自転車で日本一周とかしてみたい。
でも、古歌さん自転車スキル半端なく低いからなー。



あー、それにしても熱い。
昨日ちょっとだけ雨が降って、少しは涼しくなりましたけどね。でも、暑いものは暑い。
電車の中が暑くてちょっと悲しいですね。節電は解るけどさ。
今年の夏は、ドコへ行っても暑くなりそうで今から怖いですね。




あー、それにしても早く17日にならないかなぁ。
今から楽しみでしょうがないんだよ、バロックのライブがさ。
ちょっと珍しくピンクのTシャツとか買っちゃったから、それを着て行こうかと思ってます。メンズなんだけど、嫌なピンクじゃないんだよね。
横浜かー・・・あんまりイイ思い出ないんだよねぇ。
横浜大好きですけど。取り敢えず、中華街で食べ歩きしようと思ってます。
前日は忙しいけど、その為ならいくらでも仕事頑張れるもん。
とにかく、楽しみで仕方ないのですよ、ふふふ。



楽しみついでに、ウォークマン買ってもらったおじいちゃんにお土産を買おうと思ってます。
元気に出歩く方なので、帽子とかいいんじゃないかなーって。
うん、似合うと思うんだよねぇ。




さぁ、今日は多分定時で上がれるはずだ。
とにかく、なんだか早く帰りたいんですよね。
でも、家に帰るのは面倒なんですよねぇ。
じゃ、どこに帰るの?って言われても困るけど。
家に帰りたいわけじゃないけど、やっぱり帰りたいって言う自分。仕事に縛られるのが嫌なんでしょうけどね。楽しいけどさ。
古歌さん、縛られるの嫌いだからね。隷属?なにそれ美味しいの?
ふらふらするのが好きなので、あまり誰かに何かを強制されるのは好きじゃないんだよねぇ。
あ、取り敢えずコンビニ行こうかな。クーリッシュ食べたい。
アイス、大好きです。最近珍しく夏バテしてまして、主食が氷と水とコーラになってます。
煙草も欠かせません。煙草吸うと、ちょっとだけ涼しくなるような気がするんだよねぇ。
しないかな?古歌はあの、一口目吸い込んだ瞬間の、ひゅーっと落ちる感覚が好きですけどね。奈落の底に落ちる感じがして。
ブラックアウトって言うか、どこまでも堕ちる感覚は好きです。スキップしながら鼻歌でも歌いつつ、どこまでも奈落に堕ちる。それが出来ると自分で解ってるからこそ、やらないけどね。
一応これでもまだ、真面目に生きてく気ではあるんですよね。つか、しーに怒られるから絶対やらないと思う。
お互いに怖いのは、ドッチかがそれやったら残された方が間違いなく後を追うって解ってることなんだよね。
しーも古歌も、似たもの同士なんですよね。
堕ちる時は、それを楽しんで堕ちていける。
なーんて会話を、今朝の四時ごろしてました。
そりゃ眠いよね、今。
絶賛眠気とバトルしてます。後一時間、何とか持ちこたえろ自分。