読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

怖くなんてないもん!!って話

古歌さんでーす。

さて、昨日は仕事がちょっと残業だったもんで、あまりにもイライラしてたのもありまして、突撃隣のオタク訪問!!
迷惑承知でしーちゃん家に突撃してきました。


つーか、突撃したら暢気にうまい棒とか食べてるしーちゃんんにムカついた。
で、そこから何を間違えたのか、二人揃ってコンビニでご飯を買い込み、ついでにお酒も買い込み、ゲームしてました。
本当は、古歌さん「僕の夏休み」をやりたかったんですよね。
ほのぼのしたいんだもん、ほのぼのしてぼんやりして、なーつやーすーみぃーってなりたかったんだもん。

なのに、あの野郎・・・っ!!


笑顔で青鬼をやり始めやがったぁぁぁぁぁ!!



ちなみに青鬼は、怖いフリーゲームです。
一度実況プレイを見ましたけど、パート①だけ見て辞めました。
つか、自分で動くの嫌いなのに・・・。


隣で暢気にふぁみちきを食べるしーちゃん、必死で慣れないコントローラ、むしろ初めて握ったよこのコントローラー。な古歌さん。
パソコンでゲームやるのも、フリーゲームやるのも、初めてなんですけどぉ。



古歌「しー、これ動かないけど?」


しー「それ、ぽちっと。」


古歌「どれ?つか、お前一人で全部食うなよ、ふぁみちき。」


しー「いいから、画面に集中してー。」




ゲームそのものは、そんなに長いものじゃないって聞いてたし、ぶっちゃけしーは何回もやってるし・・・と思った古歌が甘かった。
解からない所とか、怖い所とか事前に教えてもらおうと思ってたのに。
しーの馬鹿は、何も教えてくれないんだもんよー。


なみだ目で、青鬼出てくる度に毎回ゲームオーバーになってました。
つか、慣れないよ、青鬼。
いきなり出てくるのは反則だと思う。
むしろ、出てくるな。



無事にクリア出来た頃には終電のお時間ぎりぎりでした。
むしろ、終電が発車する時間に終わりました。



古歌「え、私帰れないんですけど。」


しー「歩けば?お前なら出来る、頑張れ!!」



古歌「いい笑顔で何をぬかしてんだ、貴様は。」



しー「しゃーない・・・自転車貸してやるよ。」


古歌「・・・無理なんですけど。」


しー「根性ないなー。」


古歌「根性の問題じゃないやい!!」




結局車で送ってもらうことに。つか、終電の時間に間に合うように携帯のアラーム掛けてたのに、マナーモードにしてた古歌が悪いんですけどね。
帰りの車の中で、百物語とか始めた馬鹿二人です。




しー「その話知ってるー。」


古歌「じゃ、別の話にする?」


しー「知ってるからそれでいい。」


古歌「じゃ、別の話ね。」


しー「俺、帰り一人なんですけど。」


古歌「墓前にじゃがりこと煙草、供えてあげる。」


しー「まさかの死亡フラグ!!」




ちなみに、有料道路通るの嫌だったので山道をひたすら走りました。
もちろん、真っ暗な上に対向車もほとんどいません。むしろ、対向車とか人影とか、居るほうが怖いです。



無事に家に帰ってきた古歌さん、問題が一つ。




怖くて風呂も入れなければ、ぶっちゃけ一人で寝るのいやん!!




思い出すのは青鬼。寝ても覚めても青鬼。
何がそんなに怖いのか自分でも解かりませんが、とにかく怖いものは怖い。
最後の方は可愛くすら見えていたはずの青鬼なのに。





そしてただいま、非常に眠いと言うピンチに陥っております。
しーに電話したら、あの野郎休みでやんの。


でも、今日は定時で帰れるはず・・・だと思うけど・・・あれ?
ま、大丈夫だろうよ。
そして眠くて眠くて、今にも寝そうな古歌さんは、珈琲飲んで飲みすぎてお腹痛いです。

そんな自分馬鹿。



さーて、今日はツタヤにDVD返して新しく面白そうなアニメでも借りてこよーっと。
最近アニメばっかり見てるなー。