読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

初出勤って話

日記

適度に肉体的に疲れるのが久しぶり。何て駄目な感じで雪都です。

初出勤してきました。ようやく脱ニート、脱引きこもり、そしてようこそ社畜の世界と筋肉痛子さん。湿布を、雪都に湿布をおくれ。ライブ明けレベルで湿布貼りまくってようやく何とか動いてます。油の切れたブリキの玩具レベルの動きです。

つ、つかれた。めっちゃ緊張してるせいもありますが、とにかく体が疲れた。が、それが心地よいドМな雪都です。いや、自分本当にМじゃないかと思います。言われるがままに動き回るこの感じ、KA★I★KA★N★

馬鹿言うのも程ほどにして、仕事なのですが。まぁなんてデジャブ。あら不思議前職そっくしなブラック感。時間なんかはキッチリしてますが、体質がブラック的と言いますか。あの正社員餌にしてニートとかフリーターを釣り上げる、そして逃げられまくってる感じがひしひしとしております。まぁ、当分釣られる気満々なんですけどね。一夏稼がせていただこうかって腹積もりなので、どっちもどっち。そりゃね、本当に社員にんれれば一番かもしれないけど、どーも微妙な雰囲気です。本社と現場の意識が寄り添ってない、離れてるの。現場はとにかく人を寄越せ。本社としては人件費掛かりすぎじゃない?え?なんでこの金額で出来ないの?みたいな。なんだろう、親会社と孫請けみたいな関係がする。本社としての経営方針は解らなくもないけどさ、現場はそうもいかないだろう。人間24時間体制無休で仕事出来るわけないじゃない。人件費が一番高く付くのは当たり前じゃない接客仕事だもの。人で稼いでナンボだもの。

ただ、この手の接客業には付き物なんですよね、現場と本社の解離性。現場経験しないで理想だけで人件費出されても、無理な話なんですよ。それ、全員がスーパーマン前提の話ですから。普通の人の仕事量はるかに上回った目標設定されても不可能ですからっての。

だてに長年接客して本社と現場の確執見てきたわけじゃないさ。その確執の最前線に立ってた訳じゃないさ。何となく透けて見えるものがあるよ。

そして、そんな現場は見事に二分化される傾向があるのですよ。

出来る人と出来ない人の差が歴然となるのよ。何もグラフ付けて売り上げ競う仕事じゃないけど、まったく同じ給料で仕事の量と出来が真っ二つになる。

出来る人は結局仕事背負いこむ事になって、出来ない人は出来なくても気にしないのさ。だって出来ない人って仕事出来てるつもりになってるもの。同じ仕事して、かたや十分かたや一時間。でも、気にしないの。一時間掛かるのが当たり前で、十分で出来るのは異常なの。

今やってるドラマ、家売る女だっけ?北川景子主演のやつ。あれのイモトアヤコが演じてるキャラクター。あれにイラッとするのさ。出来ない事が当たり前で、出来ないから仕方ないじゃない、私だって一生懸命やってるのにー。みたいな。はたから見たら何一つ仕事してないしサボりと能書きだけは一人前で足を引っ張ってるのに、それが当人にとって当たり前で、しかも上司公認。あー、ムカつく(笑)そして泣けば何とか済むと思ってるし要求は一人前だしさ。

人に何か物申す時は、自分は出来て当たり前じゃないと言ってはいけない。人に何か言うのならば、自分はその人の倍は仕事出来ないといけない。雪都の尊敬するもと教育係のお言葉です。あの人には、たくさんの事を教わりました。そして、本当に人一倍仕事する人だったし、人一倍人生を楽しんでる人でした。折角の人生、楽しまなければ損じゃない。そんな人でした。人生を楽しむって、何でも無責任でやりたい放題する訳じゃないんですよねー。適度な責任と適度な社会生活の中で、楽しみを見出して探究心を忘れずに。そんな生き方をしたいものです。

取りあえず、この夏は頑張るつもりです。最悪駄目ならそこまで、そこで見切り付けるのも大事だもの。

取りあえずダイエットとでも思っておくか。このニート生活で見事に体重増加してるもの。もうね、丸太?トド?ドラム缶?上から見るとあら円柱ってやかましい。

さて、明日も頑張るよー。