読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

うーんって話

相棒腐れ感想

今期相棒の脚本家、もしかして普段ミステリ書かない人ですか?

ども、古歌です。
あのですね、今週も相棒を見てツマラナイを連発してました。なんだろう、本当に脚本もうちょっと頑張って欲しい。
どうにかなんとか複雑にしようと捻って結局在り来たりなパターンに落ち着いちゃってる感じがメッチャするんですよ。ミステリドラマとしては、本当に在り来たりでツマラナイんですよね。
初期の亀ちゃんと右京さんみたいな感じにしたいんだろうけど、結局カイト君のキャラが中途半端でどっかで聞いたみたいな話になっちゃってるよ。

今週の相棒は、結局おぼっちゃまはどこまで行ってもおぼっちゃまですよね。に終始しました。


うーん・・・カイト君、過去に色々ありそうな事を匂わせているけど、結局おエライさんの息子としての苦悩でしかないような気がするのです。
右京さんが、そこに気づいて自分の手元に引っ張って何とか調教しなおそうとしてるんじゃないか。
いや、右京さんはきっとカイト君の秘めたる正義感を何とか刑事としての正義感に叩きなおそうとしてるのか。

見ていて、イマイチ何が言いたいのか解らないドラマですね。
今までの相棒には、根底に必ず何か一つのハッキリとした命題があるような気がしたんですけど。
今期の相棒は、そこが解らない。


とまぁ、取り敢えずそんな感じでドラマとしては面白くないぜ。


まぁ、古歌さんが相棒見るのはもう一つの理由からなんですけどね。
ぶっちゃけ、右京さんが居ればそれでいいんですけどね。
右京さんとカイト君の若さに萌え萌え出来ればそれでいいんですけどね。


カイト君、若いなぁー。
警察官として、被害者に入れ込むのは悪くないんですよ。
でも、結局それが私情になり先入観につながって真実を見る目を曇らせる事になっては、本末転倒。まさにミイラ取りがミイラな状態ですよね。
世の中、善人ばかりではありませんから。
かつての同情を糧にして上手いこと犯罪を成そうとする犯人だって、いるはずです。むしろ、そういうアドバンテージがあれば自分に有利に進むんだもの、そりゃ利用しますよ。

右京さんの、犯人を捕まえるのが我々の仕事ですって言葉に深く頷いてしまった。
でも、そんな右京さんの冷徹さにカイト君はジレンマですよねぇ。
暑苦しい、青臭い正義感や道徳心に基づくカイト君、美味しいですよ。そんなカイト君をびしびし厳しく躾ける右京さんに痺れるぜ。
犯人を検挙するためならば、いくらでも非合法な事をするし嘘だって付く右京さんが、好きです。人間臭くて。
正義感んだけ振りかざして生きていければいいのでしょうけどね。

やっぱり、右京さんは年齢に見合う狡猾さをちゃんと身につけてるんだろうなー。


そして、ラストのカイト君がチェス盤に当り散らすシーンで悶える古歌さん。
若さ故のジレンマと青臭い正義感を持て余すヒーローの苦悩、古歌の大好物です。がしゃーんってやった後、カイト君立ち尽くして、冷静になってから片付けどーしよーとか思ってると可愛いじゃないか。
しかも、あのがしゃーんで騎士の駒とか折れてると嬉しいなぁ。いや、ルークでもいいけど。神戸くんのキーホルダーはルークだったよね?


後日、折れたルークを手にする右京さん。
なんだか、神戸君が傷つけられた気がして、ちょっとカイト君に冷たくなればいいなぁ。


古歌の勝手なイメージだと、神戸君がルーク。カイト君はナイト。亀ちゃんがポーン。右京さんがクイーン。官房長がキングかな。
そんなイメージです。すげぇ勝手なイメージだけど。伊丹さんもポーンだなぁ。大河内さんはピジョップ。
ちなみに古歌さん、チェスに関しては素人です。駒の動かし方を知ってるぐらいです。


いやぁ、回を増すごとにツマラナクなっていく相棒。今後はどうなるのか気になります。そして、神戸君再登場はあり得るのか。今後はそれだけを期待しようかな。
ではでは、皆様らぶぅー。