読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

ちょwwwリア充爆発しろwwwって話

ども、古歌です。

さて、本日も安定の残業っぷりで歪みねぇ古歌さんです。


まぁ、残業はイイ。別に仕事は嫌いじゃないし、働くのは好きだし。お客さんと他愛もない話をして笑うのも好きだ。
だが、残業で疲れて帰ってきた古歌さんを迎える、空っぽの寿司桶。

ほわい?お寿司?しかも寿司屋の寿司ですと?


取り敢えず、幻覚かもしれないと思い、ロールキャベツを電子レンジに入れてお風呂に入る古歌さん。

入浴時間10分って、オナゴとしてどーなのか?と思いつつ、風呂を上がって電子レンジからロールキャベツげっと。
ご飯と冷蔵庫にお刺身発見。箸を咥えて一度で全て持って行こうと四苦八苦する古歌さん。


ほわい?寿司桶の幻覚が消えねーぜ。


古歌:ねー。


パパ:なんだ?


古歌:寿司桶あるけど。


パパ:あぁ、妹が彼氏と来て一緒に住むってさ。


古歌:へぇー・・・・は?


パパ:挨拶に来て、寿司食って帰ったぞ。


古歌:私の寿司は?


パパ:あるわけないだろ。


うん、巫山戯るな(☆∀☆)古歌のお寿司は?つか、何お前らだけで寿司とか食ってんの?古歌の分残しとけよ。

よくよく話を聞けば、なんだか彼氏くんと同棲するとかで、妹が彼氏と一緒に挨拶に来たらしい。
なーんて話を、飯を食いつつ聞きました。
まぁ、なんだ、あの、その、リア充爆発して死に絶えればいいのに。
私の寿命減らしていいから取り敢えず別れねーかな。とか思ってないよ?
ヨカッタナー、( ;∀;) イイハナシダナー

ちくしょう。これで古歌の肩身がますます狭いじゃないですか。



結婚する気はないようですけどね。でも、なーんか古歌の肩身が狭いのですよ。



まぁ、古歌さんは一人が楽しいのでいいんですよ。
ただ、田舎だとやっぱり独身女ってのは肩身が狭いもんです。周囲はドンドン結婚して子供も産んでさ。
やっぱり女は子供産んでなんぼだよ、女の宿命だよ。
とか言われてドン引きする古歌さんです。
純粋に、友達の結婚や出産は嬉しいものだし、喜ばしいのですけど、母性の押し売りをしないで欲しいなぁ。


さて、明日も忙しいぜ。
明日も安定の残業で歪みねぇぜ。


あぁ、今朝コンビニで見かけて買ってしまった。

ブラック・ジャック大解剖 (SAN-EI MOOK)

ブラック・ジャック大解剖 (SAN-EI MOOK)

ニヤニヤしながら休憩中眺める古歌さんでしたとさ。
取り敢えず、ヤングブラックジャックが気になる今日このごろです。

ではでは、らぶぅー。