読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

最近のドラマって話

都市伝説の女
ATARU
とりあえずこの二本は見るとお思います古歌です。


さて、あんまり連ドラは見ない古歌さん。ミタさんとSPECは面白かったけど、さてこの二本はどーなるのだろうか。途中で飽きそうな予感はするけど、まぁ初回はどっちも面白かった。
都市伝説は長澤まさみの美脚にしてやられ、ATARUは栗山千明の美貌にやられた。
むしろ、ATARUは小ネタが面白い。さすがケイゾクのスタッフだけあるなぁと。音楽は凄くっぽいし。扱ってる話題も好み。サヴァン症候群は昔から興味あったし、今も興味あるし。
でも、キャストがなぁ。なんで中居正広なんだ・・・。
苦手なんだよなぁ、あの顔。好きでも嫌いでもないんだけど、中居正広の顔は苦手なんだよ。あの変に作り込まれた感のある顔が苦手です。
昔はそれなりに好きだった覚えあるけど。


何かに特化した能力者ってのは面白い題材だと思います。
いや、それがリアルに存在するってだけで色々たぎる。
サヴァン症候群共感覚者の目に、世界はどう写っているのか。一度視界を交換してみたい。
思考遊びとして一度は考えたことがあるだろう題材だけど、この地球上に存在する全ての生き物は何一つとして同じものを見る事が出来ないっての。
概念や感覚としての視界の統一はなされているけど、実際に見ている景色は一人一人違っていると思うんだ。
極端な話、赤って色を見たとしても万人共通で同じ色を見ているとは限らない。古歌が赤と思っている色はもしかしたら他人が見れば青かもしれない。


で、この映画を思い出す。

ギミー・ヘブン スタンダード・エディション [DVD]

ギミー・ヘブン スタンダード・エディション [DVD]


江口洋介の演技が好きです。
話としてはあーあって感じが強いけど、これも題材が共感覚の話なのです。
あと、黒鷺死体宅急便って漫画にも扱ってる話あったっけ。


こーゆーの、好き。
面白いじゃないか。
不謹慎って怒る人もいたいけどね。
人と違うって事を面白がるタイプです。しかも、自分は平凡に埋没して傍観者で眺めていたい。
もちろん、付き合うのも好きです。
んー、上手いこと言えないんだけどね。人に興味を持つって結局は面白いか面白くないかなんだと思うんですよ。
古歌は、この手の題材を面白いと思い、見てみたいと思うタイプなのですよ。
ちょっと話は変わるけど、この前ちょっとした縁で車イスの人と仲良くなりまして。
ちょくちょく話をするんだけどね。車イスって事を面白がってしまう古歌を面白いって思ったらしいです。
いや、普通に接してるつもりだったんですよ、古歌さんはね。いわゆる道徳の教科書的な感じで。
でも、その裏に隠してた古歌の好奇心。車イスってすげぇ技術の塊だなとか、この人自分で車運転してるけどどうやってんのとか、むしろ免許はどうやって取るんだろうとか、バレテタらしいです。
そーゆーの聞いても大丈夫そうな人かなーっと思って聞いたら、やっぱり大丈夫で色々教えてもらって、そのまま意気投合してアドレス交換して。
そのままメル友してます。


そーゆーつながりって大事にしたいなぁと思う。合縁奇縁みたいな。
これで、古歌の視界が一つ増えたって事だしね。
だって、古歌は車イスで生活しないもん。歩けるもん。だから、車イスで生活する人の視界が一つ増えた。
こうやって、色んな事を知るのって自分の糧になるしね。
その人の話で一番面白かったのは、車イスだと人がさぁーっと道を開けるのが予言者みたいで楽しいと言ってたことでした。向かうところ敵なしみたいな?



私は逆立ちしても「人と違う人」にはなれない。
でも、視界を借りる事は出来ると思うんだ。自分では経験出来ない事を借りる。そうやって自分の視界を広げるのもありだと思うんですよ。
もちろん、虎の威を借る狐には絶対にならないけど。ならないように気をつけてるし。個として混ざってはいけない部分を混ざらないように気をつけてる。
そうやって、色んな視界を手にしたら自分の視界も変わっていくとは思ってるけどね。
ってな感じでした。ではではらぶぅー。