読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

あれ?携帯なくない?って話

多分、家に忘れてきただけだと思いたい。古歌です。

あれれぇ?おっかしいなぁ?昨日の夜から携帯を見かけた記憶がない。全くない。
多分、きっと、そこはかとなく、家に留守番させてるんだと思うけど・・・あれぇ?
ま、いいや。


自分の携帯に電話すればいいのだろうけど、めんどい。しかもマナー設定だから音鳴らない。もし鳴っても、流れるのは_さんの声なのでそれもどうかと思う。そして、目覚ましボイスを着信設定してる自分もどーかと思う。


さーて、今日は塹壕だ。違う、意味が解らない。なんだ塹壕って。掘るのか?それとも隠れるのか?
残業だ。そう残業。
仕事の話してないのは、最近仕事しかしてないからです。
真面目だ。自分スゲェ真面目だ。真面目な人は仕事しながらブログ更新したりツイッターしたりしないって突っ込んだ奴手を上げろ。古歌が今夜お前の夢にお出まししてやらぁ。


なんだ、このキャラ。どうした自分。
最近己のキャラの方向性を限りなく誤っている気分です。間違っている。この方向性じゃないことは理解しているが、果たしてどの方向へ行けばイイのかすでに古歌には解らない。書いてる端から意味が分からない。


もうねぇ、最近妄想すらままならないよ?あの中二な古歌さんがよ?妄想すら出来ないって重症通り越して重体だよ、生命の危機だよ。
たまーに、こうなる。で、気づくと治るのだよ。とにかく、この時期は書く手を止めないことだよね。ここで書かなくなったら最後、きっと古歌は二度と書かなくなる。書けなくなるじゃなくて、書かなくなる。
それが、怖い。
物を書くってことは、古歌にとってただ一つ残された自由な空間なのだよ。それを失うのは何よりも怖い。・・とか、カッコイイこと言ってみる。
まぁ、書くのは好き。無駄と言われようが、意味がないと言われようが、こうやって書き連ねるのは好き。
小説も、脚本も、全ては書くだけ。その後どうするってのは、ない。
ただ書いて書いて、それでも満足出来なくて書く。
昇華されない古歌の趣味です。昇華させないでもいいじゃないか。



うん、頑張った。ネタがないけど頑張った。
じゃ、今日は頑張って行きましょー。らぶぅー。