読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

友達・・・ねぇ?って話

雑記

今週のお題「私のともだち」

どもー。温い笑みを浮かべつつ登場古歌さんです。
いや、友達との心温まるエピソードとか、友達との絆とか。なんか色々思い出してぬるーい笑みになったんですよねー。
中学時代は仲良しと思ってた友達に、ただ利用されるだけの存在だったと思い知らされ。挙句の果てには被害者面して古歌をワルモノに仕立て上げさらには奈落の底に突き落とした。
今でも思い出せるんですよねぇ、細部に至るまで。

高校時代は、そこそこ仲良い子とかいたけどまぁ、友達だよねーってあの確認が面倒で。メンヘラっぽい子に捕まって振り回され死ぬ死ぬ騒ぎを起こされて挙句には一緒に死のう?とか意味不明な事を言われたり。


うわぁ・・・学校の友達に碌な思い出ねぇーな。
それでも、高校卒業するまでには何とか仲良い子とか出来て。今でも付き合いのあるのとか居ます。無理して会わなくてもイイ距離って言うのかな?
頑張って友達付き合いしなくてもイイ関係ばっかり。恵まれてます。


基本、友達って学校関係中心じゃないですか。
卒業しても、卒業しなくても。
とくに田舎だと世界が狭いから余計に交友関係が発展しにくいんだよねぇ。今は、そんなこと無いのかもしれないけど。
でも、関係の基本は毎日顔を合わす学校の友達な訳でしょ?
今思えばクダラナイって言えるけど。毎日必死だったなぁ。
とにかく浮かないように嫌われないように。平均的にみんなと同じ様に。



で、今現在。
当時の古歌の葛藤はなんだったんだろう?ってぐらいに気楽な友達関係です。
無理しないで居られる存在ってのは凄く貴重なんだと思います。
一緒に馬鹿やって、一緒に笑って、同じ物を見ても違う感動とか違う感想があるんだって当たり前に理解出来てる同士。
思えば随分友達には恵まれているんだよなーとか。
友達って言うよりも、仲間ってのがしっくりくるけど。
破れ鍋に綴じ蓋、類は友を呼ぶ。

人は皆違うって事を当たり前のように受け入れてる根本が似通うので、凄く気楽です。
普段は絶対に言えないけどな(笑)むしろ、そんなの言ったら恥ずか死してしまうけどな。


別に、何か特別な事をするわけじゃないんですよ。
ただ、一緒に遊べればそれでいいのよ。
それで、十分なんですよ。



うはー、小っ恥ずかしい。顔から火が出る。フェイスからファイアーアタック!!うん、意味が解らない。ちょっと落ち着け自分www



友達って、昔は一番縁の無い言葉だと思ってた。
当時の自分をちょっと殴りたい。いや、むしろフルボッコにしたい。
お前は一人じゃないよ。そう言ってくれる存在があるから、私は今日も元気に馬鹿やって生きているんです。