読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

痛い・・・・涙が出ちゃう・・・って話

筋肉痛が痛いです。
ども、古歌です。


痛い、足が痛い・・・筋肉痛とか何か懐かしい痛みです。
はるか昔にライブ廻りをしていた時は、筋肉痛は誇らしいことであり、古歌にとっては何かの証となっておりました。
が、そんな過去の話。ただいま筋肉痛はただの痛みです。
うおー・・・足も痛いが手も痛い。これはねぇ、大荷物抱えて不自然な格好で電車に乗っていたせいだと思う。
電車の中って、変な格好になりませんかねぇ?どんだけ乗っても慣れない不思議。


さて、そんな話はどーでもいい。
このクソ寒い季節に、何を間違ったのか夏目友人帳のファーストシリーズを見ました。
いやぁ、TUTAYAでいまだに五枚千円やっててくれまして。一気に借りて一気に見ました。
あーゆー、やんわりふんわりゆるーい感じのアニメ、好きなんだよねぇ。つか、夏目可愛いよ、夏目。
漫画は結局途中までしか読んでないんだよねぇ。あの人の書く漫画で一番好きなのは、「赤い声」ってやつ。題名うろ覚えだけどね。
不思議な力を持つ声を持つ少年と同級生の女の子の話。あの狐のお面が好きでさぁ。あの人の白い漫画は不思議な魅力がありますねぇ。イイ意味で空白の使い方が上手な漫画家さんですよねぇ。


で、夏目の話。
にゃんこ先生が欲しいと電話でしーに叫んだら、売ってないし。とか言われたよ。
ちなみにしーちゃんの家には、クレーンで取ったにゃんこ先生の大きなヌイグルミがいらっしゃいます。ふわふわで気持ちイイんだもん。
あのさぁ、五日印の話の時、家出した夏目が先生枕にして寝てたじゃないっすか。あれを古歌もやりたいと、散々叫びました。はるか昔には猫バスに乗りたいと叫んでいた古歌さん。あの頃から何一つ進化してないし学習もしてません。
ふわふわもこもこ最高じゃないか。もふもふしたいよー、癒しが欲しいです。
取り合えず、夏目の横顔の綺麗さは異常だと思う。そして、明日返却してその足でセカンド借りてくるのは最早自明の理だよねぇ。
もう年明けまで出かけることないし、おとなじく地元で引き篭もりしますんで。そうなるとありがたいのはTUTAYA様なんですよねぇ。いいよねぇ、五枚で千円だもん。


取り合えず、古歌は田沼と夏目と先生が好きです。清らかな気持ちで見てたもんで、見終わってからもう一度見て、あぁ!!ってなりました。腐った視点でも見るよ、もちろん、当たり前じゃない。だって古歌だもの。
あーゆー青春アニメはいいよねぇ。ほんわか出来るのいいよねぇ。現実逃避するには最高です。


うわぁー、今リアルに携帯とリモコン間違えて掴んだ。
古歌の部屋には時計がないもんで、時間を携帯で確認すること多いんだよねぇ。
で、携帯を時計扱いしてそのままお留守番させて出かけるのが何時もの古歌さんです。携帯を不携帯するのが古歌さんクオリティーだ!!はは、別に携帯なくても問題ないもん。あ、忘れた。程度の扱いですよ、携帯さん。
で、毎回毎回怒られます。
携帯を首から下げていろと言われます。嫌だよ、邪魔だもの。



あー、眠い。そして痛い・・・明日は忙しいので、今日はもう寝る。
寝るけど・・・もう一回夏目の最終回見てから寝ようかな・・・うん、らびゅー。