読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

深夜三時の珈琲時間って話

ども、古歌っす。
さて、めっきり涼しい今日だけかもしれないと。明日も涼しいといいなと思いつつもう一回ぐらいは暑くなるんでないと思ってます。
でも、とりあえず冬の支度は始めようかと。

冬と言えば、炬燵に蜜柑と雪見だいふく。これは最早、冬の定番アイテムだと思ってます。あくまで古歌だけかもしれませんがね。
今年も炬燵は出すぞーと意気込んでます。蜜柑は、まぁ近所から山ほど貰うしな、むしろ腐るほどにもらうしな。
蜜柑を買ったことは生涯一度もありません。御近所で趣味で蜜柑山を持ってる方とかいるので。そーでなくても、仕事場で大量に蜜柑を貰ってダンボール抱えて電車で帰ったこともあるし。あれは、今思い出しても重かったよね。


雪見だいふくのCM見ると、あー冬になるのねーって思います。
夏場は食べたいって思わないけど、こうちょっと冷え込んでくると美味しいよね、雪見。


そんなことを考えつつ、昨晩は良い子の就寝午後八時。はい、マジです。
本当は、映画見ようかと思ってたけどどーも眠いので、仕事終わって帰って飯食って風呂入ってそのままお休みなさーい。
うん、古歌さん良い子。寝る子は育つ。目指せ身長180センチ。
なんて思ったのは、いいとして。


なんで午前一時に目覚めると?!
私の頭はどーなってると!?



起きたら真っ暗です。
でも、一回起きたら眠れなくなるなんてミラクル。基本寝るの好きだから、そのまま再び夢の中なんですけどね。


でー、どうしったもんかなー♪とか思っても仕方ないので、ごそごそ起床。
まだ誰も起きてこないしー、むしろ真っ暗で楽しいかも?
なんて思いつつ暗い台所で珈琲を入れて、屋根の上で一服。
いや、部屋の中でいいじゃんとか思うだろうけどね、なーんか特別なことしたかったんだもん。
ちょーど気温もいい感じだし、何より虫が減ったし。
屋根の上で、かなぶんアタックされる心配もないし。


屋根の上でプカーっと間抜けな顔して煙草吸ってる不審者です。
まごうことなき不審者です。おまわりさーん!!もしくは、おいしゃさーん!!
通報されてもオカシクなかったと思います。
で、さてどうしようか。
取り合えず暗い部屋のままでコンポのスイッチとテレビのスイッチを入れてみる。
しばらくぼけーっとライブDVD見てたけど、なんか飽きたわ。

そうだ、映画見ようそうしよう。
あれ?これ、もしかして前に借りてみたよね?なんか見覚えめらっさあるし、つかオチも分かるぞ。ついでに、ちょークソ映画とか思わなかったか?
開始10分で終了。一応オチを確認したら、やっぱり見た奴じゃん!!

うーん、何しよう。いっそ編み物でもしようか駄目だ毛糸がないよこの前迷宮ごっことか言って全て使い切ったよ馬鹿じゃないの。
リリアン出てきた懐かしいやろーっと・・・やりかたわかんなーい。
なつかしー、高校の卒業アルバムだ何これ罰ゲーム?もしかして罰ゲームなの?恥ずかしいつーか痛々しいよお前マジでこの頃の私表出ろ。
うわー、これいつの頃だよこの写真。なになに・・・うはっ、中学の写真だよだせぇなコイツ誰だよ私だよ穴掘って埋めろこの写真むしろ焼き払え!


何を間違えたか焚書物を掘り起こしてしまった。
きっかけは、古い雑誌のバックナンバーを探していたからです。



色々フルボっコだよ燃え尽きたぜ、じょー。真っ白だぜ、灰になったぜ。むしろもうお嫁にいけないよごめんなさいこの頃の自分マジで死ね。
脳内が華麗にパニックから完全燃え尽きモードでついには、屍と化しました。俺の屍を超えて逝け。ごめん、題名しか知らないです。プレイしたことありません。



もう色んな方面に土下座を始めてから落ち着いたので、とりあえずカフェインを摂取しようと珈琲タイム。時はすでに午前三時。
完全にテスト前日の学生みたいな行動取ってます。
思い起こせば昔も、勉強するぞと思って計画表作りが終わってから掃除を始めて最後には、夜中なのに腹減ったとか言ってカップラーメン食べてた。
あの頃から一歩も進歩していないどころか後退してる自分が好きだ。そんな自分を自分だけは肯定して愛して好きになってあげなきゃね。
うん、嘘臭い。


さって、今日も頑張って仕事しよーっと。
え?嘘みたいだって?
そんなの何時ものことじゃないか。つか、只今絶賛仕事時間だよ。
ひまひまひまひまひまひまひまひまひまひま・・・土日にお客さん少ないと、まらっさ暇です。
事務仕事に何時間も掛からないからね。古歌さん、これでも仕事速いの!!