読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

結婚式でしたって話

どもども、古歌です。ただいま諸事情に寄り久しぶりの漫画喫茶より更新真っ最中です。
さて、こんな時間に何をしているかといいますと・・・結婚式に参列してそのまま三次会まで出てきて終電を逃したっていつものパターンです。


前にもちろっと書きましたけど、古歌の心の友のであり一生付き合いを続けたいと思っている大事な友達S。
なんと、25日に無事結婚式を迎えることができました。
もうね、本当にすごくイイ式でした。
チャペル式の挙式だったのですが、もう綺麗。すごく綺麗でした。
花嫁さんってのは女の子の一生の憧れであり、あの白いドレスを纏う意味を、一応古歌さんも女の子なので、一応解ってます。
でも、そんな感情抜きにして、やっぱり花嫁さんって世界で一番綺麗なんだと実感しました。
うーん・・・上手く言えないけど、内面からにじみ出る幸せがそのまま形になったような美しさって云うのかな?
これからも、末永く幸せに暮らして欲しいと願っています。つか、絶対に幸せにならにと、古歌さんは許しません。



で、二次会はもちろん出席。行けるところまで行きましょうってことで、そのまま三次会。
そして、やっぱり電車は無くなりました。いや、いつものことだけどね。
ただ今・・・朝4時とか奇跡だよ。テンションが下がってないので、まだ眠くもなりません。
いや、ちょっと前までは眠かったんだけどね。今はメータ振り切って眠くない。
人間ってある一定のラインを越えると眠気を超越するんだと思ったよ。


さーて、本日は午後から仕事ですよー。始発が動いたら帰って寝ます。
でも、その前にお風呂入りたい。
数年ぶりにスカート履いてみたけど、古歌はやっぱりスーツがいいなと思いました。化粧もしたけど、そりゃその辺の女の子に比べたら格段に薄い化粧だろうけど、それでも自分の限界を知った気がしました。
うん、やっぱり化粧は嫌いだな。
始発まで残り一時間、古歌さん頑張ります。
短いけど、突発的に書きたくなったので記入。また落ち着いたらゆっくり記事を書きたいと思いますです。