読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄想を逍遥

ダイアリーから移築。中身は変わらずに色々と、あることないこと書き込んでます。

引き続き・・・

李欧熱が収まらない。
ちょっと、拳銃を見たくなってその手のサイトを巡回。
しかも、仕事中。
お前、仕事しろよとか言わないでね。
ちゃんと仕事しつつ、遊んでます。

李欧は文句なくカッコいいけど、実は古歌さん一彰さんのファンなんですよね。
この人の空洞っぷりが美味しいの。
その空洞を埋めるのは、きっと李欧のもたらす大陸の熱とか、李欧そのものなんだろうな、うん。
原口さんも好きっちゃ好き。彼はいい味出します。
あー、これ映像にしてくれないかな。
無理か・・・無理だな。
この厚さを二時間で纏めるのは無理だよ。
しかも、場面てか年代が流れるから、どうしても各年代で短く纏めるしかないからね。
そうすると、ただの紹介映像二時間ってオチが見えてくるぜ。
でもなー、動く二人を見たいよなー。
もし映画にするなら、役者はどうする。
駄目だ、出来る人が思いつかない。
李欧なんて、踊れて歌えて拳銃使って戦って、それから顔もそれなりに良くないと。むしろ、綺麗な感じでね。


ヒゲでもハゲでも、綺麗な顔の人はいるもんです。
古歌さん、人の顔覚えないくせに、人の顔見るの好きなんです。
人間観察。
街中でぼーっとしつつ流れていく人ごみを観察。
綺麗な顔の人見ると、思わず写真撮りたくなる。
男性でも女性でもね。


一彰さんは・・・難しい。
あの無気力で空洞なんだけど、種火は常に心の中的雰囲気を醸し出す人って、いるかな?
うーん・・・駄目、無理、いないわ。
だってさー、機械詳しくて旋盤回せて無自覚に男を落とせて、それから妙な色気を持つ感じ?色気ってか、無自覚に人を引き寄せる感覚。
水銀灯とか、上手い例えですね。
田んぼのお丸に座布団一枚!!



関係ないけど、巨大迷路に行きたい。
いやね、古歌の昔住んでた町も、小さいくせに入り組んでて迷路みたいな感じだったの。
人の庭が普通に通路みたいな?
子供の時は、その世界が全てだったし。
遊ぶ場所には不自由しなかった。
海も山も近くにあったし、自然に飽きたら旅館が遊び場。
大きな旅館だったので、客室スペースにさえ行かなければ、子供がちょろちょろしても怒られなかった。
むしろ、アイスとかジュースとか買ってもらって、可愛がってもらったさ。
その旅館のゴミ捨て場は宝の山でした。
その頃から、一人遊びが好きな子供だったので。
ゴミ山を漁って、古いデスクトップを解体したり。
よく解らないエンジンを解体したり。
工具も沢山あったし、誰かしら近くにいたんで解らない事は聞けたし。
いっちょまえに、スパナとか腰に挿してさ。
そんな子供時代があるもんで、基本的に機械は好きです。
結構何でも分解します。
修理とかも自分でやります。
でも、結局悪化して壊します。
一回MDウォークマン解体して治せました。
調子乗ったのは言わずもがな。



あー、大陸に行きたいぜ。
中国は広いな大きいな。
あの不思議国家、行って見たい。
広い大地も見たいけど、歴史も気になるし、史跡なんて見放題じゃない?
どこまでも続く大地と大きな空。
想像するだけで、心が自由に飛び出すさ。


くそー、眠いぜ。
でも、ちょっと編集途中で放り出した歌詞を作っちゃわないと。
いやね、李欧が再熱したんで、YOUの替え歌を作るかって話になってさ。
李欧、一彰、二種類作ってみようかなって。
でも、なかなか上手くいかない。
焦点が絞れないのは、古歌の悪い癖。
でも、頑張るぞ。
自己満足万歳!!
出来たら、ここで紹介するかも。
気が向いたらね。それか、自分天才かもしれない!て調子に乗ったら。


明日はお仕事忙しいねん。
ので、もう寝るか。
って、替え歌はどうした。